デジタルパネオは、マルチデバイス対応でオフセット印刷が可能な世界初のサービス。

「ホームページもパンフレットもつくりたい。…でも、時間も手間もかかる。」そんな悩みを私たちの新サービス「PANEO・X(パネオ・クロス)」が解決します。「ホームページ」を作成すれば、そのデータを利用して「パンフレット」ができてしまいます。しかも、そのホームページは、タブレット端末やスマートフォンにも対応した最新の技術で作成されます。
私たちは「PANEO・X」で、貴社にあった便利で効果的なサービスを提供いたします。

CMS(コンテンツ管理システム)で気軽に更新

PANEOXで作成したホームページは、ブログやTwitter、facebookのように誰でもかんたんにホームページ内の情報を書き換えられたり、画像を入れ替えたりすることができます。

管理システムはマニュアルなどを見なくても、直感的に理解でき、操作もわかりやすい独自のノウハウに基づいて設計されたシステムです。

ホームページと同じようにPC、タブレット、スマートフォンからも利用できるので、インターネット環境さえあれば、更新することが可能です。

レスポンシブデザインでマルチデバイス対応

PANEOXで作成したホームページは、タブレット端末やスマートフォンなどを自動認識し、最適なサイズで表示*することができます。

とくにスマートフォンで見る場合、文章が読みにくいなどの問題がありますが、多様化するデバイスでの表示を考慮しているので、読みやすいユーザーフレンドリーなホームページになります。

スマートフォンなどのデバイスからのアクセスを第一に考え、さまざまな状況を想定してレイアウトを設計しているため、デバイスごとにホームページデータを用意することもなく、イニシャルコスト・ランニングコストともに低く抑えることができるのです。

商業印刷に適したデータに一括変換

作成したホームページのデータは「HTML RIP」によって、高解像度の印刷製版用データに変換します。

従来のホームページでは、表示されるレイアウトはページ内の情報量に依存するのはもちろん、画像なども商業印刷用途に適していないため、印刷用のデータを別途制作する必要がありました。

PANEOXを利用することで、大量印刷やオンデマンドによる少量印刷も視野に入れたホームページを手に入れることができるのです。

電子カタログにも変換可能

PANEOXはepubへ変換も提供しているので、更新されたホームページを瞬時に電子カタログに変えることができます。

また、タブレット端末やスマートフォンのブラウザ内にキャッシュさせる機能もあり、ホームページ全体をオフラインで見ることができます。
この機能を使えば、外出先でインターネット環境がない場合でもPANEOXでホームページにしておけば、見せることが可能になります。